• ホーム
  • 中絶後の避妊にピル内服、生理痛緩和になり東京で人気

中絶後の避妊にピル内服、生理痛緩和になり東京で人気

2019年09月10日
紫のカプセル

性交渉を持つ場合、それが妊娠可能年齢であれば、誰にも妊娠をする可能性があります。
結婚して子供が欲しいなどの希望があれば、妊娠することは願ってもいないことですが、未婚の場合や予想外の妊娠に対して中絶という道を選択する人も少なくありません。
特に東京都は、人口が多く、それだけ妊娠を希望していなかったのに、妊娠をしてしまったというケースが多くみられ、やむなく中絶の道を選ぶ若年者も増加傾向にあります。
中絶は女性の身体に大きな負担がかかります。

手術をするということも負担になりますが、きちんと術後のケアをしていないと子宮内感染などを起こす可能性もあり、中絶後に長期通院をすることになってしまったという場合や中絶後に不妊になってしまったというケースまであるのです。

また東京都では人口が多い分不妊症のケースも比例して多くなり、それが中絶が原因という場合もあるのです。
そして病院で中絶後は、それぞれの医師や看護師から今後の妊娠計画や性交渉により性病の可能性や妊娠のリスクといった説明を受けることもあるでしょう。

一度中絶という選択をした場合には、次は気を付けなくてはいけないのです。
そして避妊する方法の1つとして、中絶後にピルを内服し始める人もいます。

これは正しく内服することによって、避妊の高い効果を得ることもできますが、生理痛緩和などにも大きな効果があるといわれます。
特に子宮や卵巣の機能の未熟な若い世代で生理痛がひどい場合や、更年期に入って生理痛などある場合には、その痛みの緩和に大きな効果があります。

そして東京都の産婦人科で受診し、相談すれば、自分に合ったピルの処方を受けることができます。
そして正しく内服することで避妊と生理痛緩和の大きな効果を得ることができるのです。
避妊や生理痛緩和、どちらの目的でピルを服用していても数ヶ月などある程度長期間服用し続けることになるでしょう。

その度に病院処方でピルを入手するのと、通販でピルを購入するのでは最終的にかかる費用に大きく差が生まれることはご存じですか?
通販で医薬品を購入が出来ることに疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、法律上は何の問題もありません。

ですが通販で購入するピルの使用方法、身体に合う合わないというのは医師の指示を受けて服用するのが安全です。
なのでまず病院処方で医師の指示の下にピルを服用し、その後にその処方されたピルを通販で購入して使い続けるという方法が良いでしょう。

また、医薬品の通販は偽物が多いとの評判を多く聞きますが、オオサカ堂やあんしん通販薬局などの老舗の業者ではそういった話は一切聞きません。
医薬品を通販で購入する場合はそのような長く運営を続けているとわかる場所から買うのが良いでしょう。

関連記事
飲食店で生理痛と太る原因の食べ方

炭水化物抜きダイエットというのが流行っています。飲食店に行った場合など太る原因となる白米を食べずおかずだけを食べるようにするダイエットです。ご飯おかわり自由というお店もある中で、あえてご飯を残すのです。お店で残す程度ならたまになのでよいですが、過度に炭水化物を抜きにすると体に悪影響を及ぼすので危険で

2019年10月10日
未然に生理痛を抑える方法

生理痛が酷いと寝こんでしまい、学校や会社を休まざる負えないケースもあります。同じ女性でも生理痛の感じ方には個人差があり、全く痛みを感じない方もいれば、激痛を伴う方もいます。痛みの感じ方に大きな差がある為、同性の女性にも生理痛の辛さを分かってもらえず、悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。そも

2019年08月25日
生理時に食べてはいけないもの

女性にとって毎月くる生理はある意味戦いでもあります。生理痛が重かったり、経血量が多かったりするのも人それぞれで悩みは違います。そんな生理中の不快な症状を普段の食事で少しでも和らぐのなら、試してみる価値はあると思います。生理中はホルモンの影響で血流が悪くなり、生理痛が出たり手足が冷えたり腰痛が出たりし

2019年08月09日