黄色のカプセルとカプセルのスプーン
公開履歴

生理痛とは、生理が始まる直前から生理中に起きる腹痛、腰痛、吐き気などの不快な症状全般の事を言い、特に出勤や通学が出来ない程著しく日常生活に支障が出る場合を月経困難症と言います。
生理痛に苦しめられている女性の割合は、特に症状がひどい場合でも女性の5人に1人にのぼり、何らかの不快感を感じている人を加えると、女性の8割程度にものぼると言う数字もあります。
生理痛が起きる仕組みとは、どういう仕組みなのでしょうか。
妊娠に備え、子宮は受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚く、フカフカの状態にします。

しかし、妊娠が成立しなかった場合、必要なくなった内膜は剥がれ落ち、経血となって排出されます。
この経血が排出される時期を生理と言います。
生理中には、剥がれ落ちた内膜が体外へと排出されやすいように、プロスタグランジンと言う子宮を収縮させて経血の排出を促す物質が分泌されます。
このプロスタグランジンの分泌が過剰だったり、冷え症の為に血液の循環が悪くなったりする事により、生理痛が起きるケースが多いのです。

生理痛の解消の為、自分で出来る事としては、まず第一に身体を冷やさないようにする事です。
これだけでも随分と痛みを解消する事が出来ます。
具体的には、腹巻きをしたり、腹部にカイロをはる事です。
血液の循環が良くなれば、経血をスムーズに排出出来るようになり生理痛が軽減する場合があります。
日頃から軽い運動等をして、冷え症を改善するのも効果的です。
ただし、これらの対策をしても、全く効果が無かったり、市販の鎮痛剤がまるで効かないと言うような人は、産婦人科等の専門の病院を受診した方が良いでしょう。
子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科系の病気が生理痛の原因になっている場合があります。
もしくは、女性ホルモンを含む低用量のピルを服用するという方法もあります。
服用することで月経周期をコントロールすることができ、生理痛を軽減することができるのです。
病院での処方の他にも、ピルは通販で購入可能なため、生理痛に悩んでいる方は試してみる価値があると言えるでしょう。
生理痛を放っておくと、不妊症などの原因になる場合もあるので、なるべく早く対策を打つようにしましょう。